リビドーロゼ【効かない】その理由を調べた結果!

ベッド専用香水として、高評価のリビドーロゼですが、なにやら気になる口コミがちらほら。
「全然効かなかった!」
まぁそういうこともあるかな?とスルーしがちですが、実は使い方を間違っている可能性があります。

 

リビドーロゼは一般的な香水とは少し違うところがあります。
その特性をわかってないと、彼はその気になるどころか、全然思ったのと違う方に向かってしまいます!

 

せっかく買ったのに効かないなんてことにならないように、確認しておきましょう。

 

 

リビドーロゼの特性

一般的な香水は、3段階で香りが変わっていきます。
トップ、ミドル、ベースといわれ、その時々で香りが微妙に変わります。
普通はそれが、長いと半日くらいかけて変化します。

 

でもリビドーロゼはそこが大きく違います。
一般的なものと同じように3段階で変わるのですが、注目すべきはその時間。

 

約90分なんです。

 

「短ッ!」て誰もが思います。
でもそれにはちゃんとした理由があります。

 

リビドーロゼって、ベッド専用なんですよね。
なので、ベッドに入ってから、彼がその気になって、行為が終わるまでの約90分に合わせているんです。

 

3段階の構成をみてみましょう!

 

1.フルーティーベリー(トップノート)

甘めの香りで、彼をその気にさせます。
前戯を意識して調合されています。

 

2.フルーティーフローラル(ミドルノート)

柔らかい甘さに変化します。
挿入のタイミングを意識して調合されているので、快感を高める効果があります。

 

3.フローラル(ベースノート)

優しくふわっとした香りです。
心地よく、眠りに入れます。
後戯に合わせて調合されています。

 

90分の間にこれだけ計算されているってすごいですよね。
でも逆に、タイミングがずれると、効果がでないということになります。

 

例えば、1時間くらい早くつけてしまい、いざベッドに入ると…

 

私「(彼、その気になるかな?)」

 

彼「なんかこの匂い眠くなるね。今日は気持ちよく寝れそう。おやすみー」

 

なんてことになりかねません。笑
特性を知らなかったら、これは安眠香水なのか!?と疑いたくなりますね(^^;)

 

なので、リビドーロゼをつけるときは、一緒にベッドに入る直前がおすすめです。
トイレに行ってつけてもいいですし、シーツにふきかける人もいます。

 

でもどうせなら、体につけた方が、彼も嗅ぎたくなるかもしれませんね♪
内ももや、胸元なんかがおすすめです。
ふわっと香らせるのがポイントです。

 

効かない場合は時間調整を見直してみましょうね!